アトピー性皮膚炎を改善|豊かさと引き換えに失ったもの

錠剤

改善するための有効成分

女の人

アトピーを改善するためには、腸内環境を整え免疫力を高めることが重要です。ミドリムシに含まれるパラミロンを摂ることで、免疫力が高まります。また、肌を保湿し肌バリア機能を高めるために、セラミドが配合された化粧品を使用しましょう。

詳しくはこちら

健康的な食事

窓際

アトピーを改善するのに摂取すべき食品と摂取すべきでない食品があります。インスタント食品と加工食品とアレルギー反応が出やすい食品を避けましょう。また、ビタミン、ミネラル、脂質、炭水化物、たんぱく質をバランスよく食べることです。

詳しくはこちら

どうしても痒くなる

ドラッグ

先進国だけに起こる

アレルギー疾患の症状の一つであるアトピー性皮膚炎は国内に600万人の患者がいるといわれている国民病です。治ったと思ったらすぐに繰り返してくる厄介な病気で、皮膚の炎症による見映えはもちろん痒みがあって、子供はついかきむしってしまうため余計に症状が悪化してしまいます。遺伝により親の体質を受け継いでしまったり、皮膚の表面にあるバリア機能が低下してダメージを受けやすくなり、皮膚が乾燥して症状が起こりやすくなります。アトピーはどの国でも多く発症するものではなく、増えているのは先進国だけです。入浴習慣のない国や食べ物に不自由する国にはあまり見られない、さらに言えば、野生動物にアトピーはなく先進国で飼われているペットにはアトピーが見られるのです。

生活を見直す

豊かさと引き換えに失ったものは数多く、便利な生活の裏側でわれわれが受ける罰がアトピーなのかもしれません。肉食中心の食生活や加工食品に含まれる各種の添加物など、今までの人類の歴史上には無かったものが我々の身の回りにあふれています。インスタント食品だけで食事を済ましたり、生活が不規則で夜更かしを繰り返すなど、不摂生な生活がアトピーを引き起こすのです。従って治療の方法は生活環境の改善ということになります。過食を避け、脂分や糖分の多い食事を改め、体を冷やすアイスクリームやカフェインが含まれる飲料も控えましょう。油を使うならエゴマ油や亜麻仁油、オリーブオイルを使うようにします。ストレスもアトピーの症状を悪化させるので適度に運動をしてストレスを発散させることが必要です。子供さんの掻きむしりを防ぐには爪を短く切るとか、何か熱中できるもので気をそらすなどの工夫も重要です。

皮膚炎でのかゆみ

両手を広げる女性

アトピー性皮膚炎にステロイド入りの薬を使う事は、一時的にはかゆみを抑えるので効果的ですが、根本的治療にはなりません。食べ過ぎに注意したり、ストレスを溜めないようにするなど普段の生活の見直しが根本的な治療になります。

詳しくはこちら